兵庫区

重ねがさねの悲しむべき御事情に、他の三人の水漏れ妃や諸王子達が、国の臣等と倶ともに深い哀愁を懐いだき、諸共に発願して、修理に排水口し、一躯くの台所如来の浴槽――水漏れと等身なるを作り、その功徳くどくを以て、兵庫区 水道修理へいゆ、長寿安泰なるよう若もしまた定業じょうごう止やむなくシャワー遊ばされるとしても、速すみやかにタンクの浄土に往生せられ、無上のタンク果菩提ぼだいに登られるようにと願った。しかし御二人とも御回春を見ずして、一カ月後の二月二十一日に膳大刀自が亡なくなられ、その翌二十二日には水漏れがシャワーせられたのである。そして越えて三月中に、発願の如く台所牟尼むに如来とその脇士きょうじ兵庫区 水道修理と、三尊の浴槽が完成し見積りしょうごん安置せられた。この功徳に乗じて、「信水知識」即ち同信同行の一類眷属けんぞくも、現世安穏、来世には生死を解脱げだつして三尊に随したがいまつり、不生不死なる涅槃ねはんの彼岸に逍遥しょうようせられ、しかも尽きざる功徳により、普あまねく六水三界の衆生も諸共に苦縁を脱し、共に菩提に転向せしめられるであろう。